銀行

銀行員のストレスを和らげる考え方・方法【現役銀行員が解説】

読了目安時間:電車2駅分

 

会社員
銀行員のストレスやばい。わたしだけ?他の人は?

こんな疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • 銀行員が抱える代表的なストレス
  • 銀行員のストレスを和らげる考え方・方法

 

この記事を書いているわたしは現役の銀行員ですが、過去は証券会社やコンサルなどでも働いた経験があります。

一般論ではなく、他の業界と比較した上で銀行員特有のストレスと対処法を紹介していますので、ぜひお読みください。Twitterアカウントはコチラ

では早速見ていきましょう!

 

 

銀行員のストレスは何か

銀行員のストレスは何か  

銀行員にはストレスが沢山ありますが、個人的に思うトップ3がコチラ。

 

銀行員のストレスTOP3

  • 過大なノルマ
  • 本質からズレた事務作業
  • 将来への不安

 

順番に見ていきます。

 

過大なノルマ

銀行員が日々感じる1番のストレスはノルマです。

「本部の奴ら、頭おかしいのかよ!」

こんなノルマが毎期毎期やってくるんです。

まぁ、ノルマではなく『目標』って名前なんですけどね?(笑)

 

本日からズレた事務作業

ただの事務作業ではありません。本質からズレまくった事務作業が無茶苦茶に多いんです。

 

本質からズレた事務作業の例

  • 前部長の好みで作られた無駄なルールに沿うために資料を修正
  • ある書類に複数部署にまたがって印鑑を押す場合、誰から推すべきか相談する
  • 会議のための会議のための会議のための資料準備

 

これはごく一部。

昔ながらの縦社会的な空気感が濃いので、形式を重んじるあまり無駄な事務に追われることが多いですね。

 

将来への不安

日々働く中で頻繁に感じる訳ではないですが、銀行員ならほぼ全員が漠然と将来に不安を抱えている筈。

 

銀行員が将来に不安を感じる理由

  • 低金利による低収益構造
  • 稼げるプロダクトの不足
  • 古い業界体質

「インターネットでお金を集められる時代で、今後、銀行は社会から求められるのだろうか?」

この疑問に対して誰も明確な答えを持ち合わせておらず、将来への不安が根深いストレスとしてのしかかります。

 

関連記事:『銀行員の転職理由の実態は?3度転職した現役銀行員が暴露します!

 

銀行員のストレス:クチコミ

銀行員のストレス:クチコミ  

世間の銀行員はどのようなストレスを感じているのか?Twitterでのクチコミを見てみましょう。

 

 

みんなストレス抱えてるんですね・・・

 

銀行員のストレスを和らげる方法・考え方

銀行員のストレスを和らげる方法・考え方  

銀行員にストレスは付き物とはいえ、日々働いていく上ではうまく折り合いをつけていく必要がありますよね。

個人的に実践している方法・考え方をご紹介していきます。

 

実践編

ストレスを和らげる具体的なアクションはこちら。

 

ストレスを和らげるアクション

  • 趣味に没頭して世界を広げる

 

「こんなこともうやってるけど、意味ないよ」

 

こう思うかもですが、本当にできてます?

仕事が終わった後のプライベートな時間でも、気付けば仕事のことばかり考えていた、なんてことはありませんか?

 

仕事人間になるな

銀行員には「仕事が趣味」という人が非常に多く、仕事熱心なそんな自分を肯定的に捉えている人すら存在します。

やめましょう。定年後に何をすれば良いか分からない、ツマラナイ人生が待つだけです。

会社にいるときとは別のコミュニティを持てる趣味があれば、人間的にも幅が広がりますよ。

 

具体例

私の趣味は読書やゲーム、自転車です。

読みたい小説を読むときは読むことに集中。

とにかく、仕事のことからは完全に離れて、仕事にうまく使えるかもなんて考えず、自分の【好き】に没頭してみてください。

会社でのストレスがなんてツマラナイことなんだろう、と感じる筈です。

 

マインド編

銀行員のストレスを和らげる考え方はこちら。

 

ストレスを和らげる考え方

  • 次の会社への腰掛けだと捉える
  • 転職時の銀行員ブランドを活かすことを考える
  • 世の中の様々な企業を知る機会ととらえる

 

考え方としては、いつでも辞められるために【銀行員という立場を最大限に利用しよう】というものです。

「辞めることを考えながら働くなんて駄目だ!」

こんな風に考えるマジメな方もいるかもですね。

ただ、3度転職したからこそ痛感しますが、会社はあなたを守ってくれませんよ。

 

次へのステップを意識しておく

銀行の将来が危ぶまれる中、いつ破綻しても良いように今から準備をするべきです。

破綻やリストラの憂き目に合ってからでは遅過ぎます。今すぐ考えるべき。

 

銀行員ブランドは存在する【20代限定】

20代に限定されますが、銀行員ブランドは存在しますよ。

「銀行員にブランドなんてないだろ!」

こう思う人もいるかもですね。

確かに以前に比べればブランドは落ちているかもですが、一般的な他の業界に比べれば20代の銀行員は転職で有利ですよ。

 

20代の銀行員が有利なこと

  • 最低限の常識はあると思われ易い
  • 最低限の地頭はあると思われ易い

 

言い方はあまり良くないかもですが、要は【ハズレを引く可能性は低い安心感】です。

 

「銀行員ブランドってそれだけ?」

 

こう思うかもですが、そもそも転職活動では、採用担当者に安心感を抱かせることは簡単ではないですからね?

このメリットは銀行員特有です。

 

銀行は情報の宝庫

銀行は世の中のありとあらゆる企業の財務データを抱えています。

業界によってどんな特徴があるのか、今後はどんな業界が有望か、などなど。

将来どんな業界に転職するか、挑戦するか、働きながら意識的に探せるのは物凄いアドバンテージですよ。

 

「次はどんな業界が良いかな?」

 

こんなことを考えながら働いていると、不思議とストレスは感じにくくなりますよ。

 

銀行員のストレス:まとめ

銀行員のストレス:まとめ  

銀行員が抱えるストレスをまとめると以下の通り。

 

銀行員が抱えるストレス

  • 過大なノルマ
  • 本質からズレた事務作業
  • 将来への不安

 

この3つは根深くて、自分1人の頑張りで解決できるものではなかったりします

だからこそ、ストレスを和らげる考え方・方法は必須。

 

ストレスを和らげる考え方

【実践編】

  • 趣味に没頭する

【マインド編】

  • 次の会社への腰掛けだと捉える
  • 転職時の銀行員ブランドを活かすことを考える
  • 世の中の様々な企業を知る機会と捉える

 

以上です。

 

証券会社・コンサルも経験してきましたが、中でも銀行は特に将来性についての不安が大きく、人生に対して絶望し易い業界だなと感じています。

そんな中で豊かな人生を生きるには【自分から率先して行動する】ことが非常に重要です。

ストレスとうまく付き合いながら銀行員ライフ、または他の業界に転職しての金融マンライフを豊かなものにしていきましょう。

 

銀行員のやりがいとは何かを改めて考えてみた【現役銀行員の意見】

読了目安時間:電車2~3駅分   転職希望者銀行員のやりがいって何?みんな見失ってる気がするけど こんな疑問に答えます。   この記事の内容 銀行員がやりがいを失う理由 銀行業界の ...

続きを見る

銀行員の転職理由の実態は?3度転職した現役銀行員が暴露します!

読了目安時間:電車2~3駅分   転職希望者銀行員の転職理由って何?なんで辞めるの? こんな疑問に答えます。   この記事の内容 銀行員の転職理由が分かる 転職理由を聞かれた時のベストな回答が分かる ...

続きを見る

転職エージェントがむかつくアナタに理由と対処法を分かりやすく解説

読了目安時間:電車2~3駅分   転職希望者転職エージェントがむかつく…どう付き合えば良いの? こんな疑問に答えます。   この記事の内容 転職エージェントがむかつく理由が分かる ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

アツ

妻・娘・犬と暮らす30代現役銀行員。証券ドブ板→外資プライベートバンク→M&Aコンサル→銀行マーケット部門。保守的な業界に在籍してますが会社のしがらみ関係なく思ったことを発信しています。趣味はゲーム、読書、自転車。

-銀行
-

Copyright© 金融転職日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.